1. TOP
  2. 備忘録
  3. AGMメソッド体験

AGMメソッド体験

備忘録
この記事は約 8 分で読めます。 1,765 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

「バドミントンでシャトルが走る!すごい体の使い方がありますよ。」

そんな情報をくださったのは、バドミントンプロコーチの樋口孝雄コーチ(@X0J5mDZKHeUd3vm

その体の使い方、それが「AGMメソッド」

今回はAGMメソッドの体験レポートをお届けします。

 

 

AGMメソッドとは

良い動きとは全⾝が連動しますが『屈曲・伸展』を強く使うとその関節のみが強く働くために他の
関節が制限されてしまいます。
では、どのようにすれば全⾝を連動させることができるのかと⾔うと『回旋(捻り)』を中⼼とした動きをすることなのです。
このように⾝体を上⼿に使いこなすためには様々なコツが存在しますが、このコツをまとめたものがAGMメソッドです。
AGMは、抗重⼒筋Anti-Gravity Muscleの頭⽂字の組み合わせです。
抗重⼒筋の概念が良い動きの妨げになっていると考え、『屈曲・伸展』より『回旋(捻り)』が動きの中⼼になるようにす
るためのメソッドを構築しました。

引用:AGMメソッド公式より

 

「回旋(ひねり)」を動きの中心にした体の使い方のコツということのようです。

また、「屈曲・伸展」動作のデメリットにも着目しています。

 

AGM(Auti Gravity Muscle)とは

抗重力筋のことを指します。

これは地球上で真っ直ぐ立つためには、頭からつま先までを真っ直ぐにさせる必要があります。

この真っ直ぐにさせるために関節を伸展させる筋肉群の総称が抗重力筋ということです。

 

 

AGMメソッドトレーナー

AGMメソッドの開発者がこちら!!

 

川⼝ 晃(かわぐち あきら)

 

生年月日:1967年1⽉24⽇⽣まれ

出身:千葉県柏市出⾝

経歴:元プロサッカー選⼿(サンフレッチェ広島・名古屋グランパスエイト等)現役時代のポジションはゴールキーパー。
現役引退後は「ワールドウィング・エンタープライズ」のスポーツトレーナーとして経験を積み、バドミントン⽇本代表佐々⽊翔選⼿のトレーナーを務める。数々の経験からAGMメソッドを考案し現在に⾄る。

 

オリンピックでベスト8になった佐々木翔選手のトレーナーも務めていた方なんですね。

バドミントンマガジンでも紹介されています。

 

バドミントンマガジンYouTubeチャンネルより

 

 

実際に受けてみました

オリンピック選手も実践しているというAGMメソッド。

実際に受けてきました。

受講した中でのAGMメソッドの基本となる考え方を紹介。

 

動物とは動く生き物のことである

齋藤

川口トレーナー

動物とは動く生き物であるというのはどういうことでしょうか?

川口トレーナー

動物とは、動くことがベースの生き物なんです。

反対に動かないことを選択したのが植物ですね。

動物の動きを見ると、≪内旋・外旋≫の動きを上手に使っているんです。

それに対して上手く動けない人は≪屈曲・伸展≫の動きを多用している。ここに動きのコツがあるんです。

齋藤

生き物の進化の過程で動くことを選択した動物と止まっていることを選択した植物ということなんですね。

この「動物」というのがAGMのキーワードになりそうですね?

 

川口トレーナー

動きの難しさの一つに「動き出す」ということと「止まること」という相反することがあります。

関節の屈曲・伸展動作を強調させてしまう抗重力筋の概念はまさに上手く動けない人を作り出してしまうと感じました。

そこで、巧みに動けるようにするために、動きの中心を内旋・外旋に移行するメソッドを考えるに至ったんです。

抗重力筋の概念に縛られ、上手く動けない人を上手く動けるようにするメソッド

ということで『AGMメソッド』と名付けたんです。

 

動きに対して真剣かつ貪欲な川口トレーナー

≪屈曲・伸展≫動作の多用はスムーズな動作の妨げにつながり、無駄や無理が発生し、競技力の停滞や故障にもつながりかねないとのこと。

動物として備わっている本来の上手に動くための筋肉の使い方を覚えていくということが大切なんですね。

 

 

メソッドの根幹は腹圧と鳩尾(みぞおち)

AGMメソッドの根幹となるのが、

  1. 腹圧を高める
  2. 鳩尾(みぞおち)の動き

この二つです。

この二つをベースに様々な動きにアプローチしていきます。

 

腹圧を高める

腹圧を高めることで、胸郭と骨盤をつなぐことでブレない体幹をつくります。

さらに!!この腹圧は腰痛の予防にもなるのです。

全身を連動させるためにはこの「腹圧」が超重要なワードになります。

 

鳩尾(みぞおち)の動き

AGMメソッドの大きな特徴が

みぞおち部分で上半身と下半身に分けるということ。

みぞおちから手、みぞおちから足を連動させて動かす。

それがAGMメソッドで目指す全身を使った動作です。

 

このみぞおちの動きを習得していくためには先ほどの腹圧が重要!

腹圧がかかっていない状態でみぞおちを動かしてもそれは腰を反っただけの動きになってしまい連動した動きにはなっていかないのですね。

AGMメソッドの習得には「腹圧」と「みぞおち」から始まると感じました。

 

 

AGM意識でプレーしてみた感想

今回のAGMメソッド講習では、「腹圧」の意識を主におこないました。

その「腹圧の意識」をもってバドミントンをしてみて感じた主な効果は3つ!

  1. 球に力が伝わる
  2. 動きがまとまる
  3. ラケットを振るのに腕の力がいらない

 

これがAGMメソッドの腹圧を意識して感じたことです。

球を捉える力強さが増し、体で打てている感覚です。

体がまとまっているため、オーバーヘッドストロークでも、無駄なテイクバックやブレが少なくなったように感じます。

実際、一本だけですがとても良い感覚で打てたスマッシュは「自分の手ごたえと相手の感覚にギャップがあった」ようです。

どういうことかというと、

自分自身は

「腹圧をかけてスムーズに打てたためとても楽で良い意味で手ごたえがなかった」

相手からすると

「なめらかなフォームから鋭い球が飛んできた」

という感じです。

 

自分自身が楽になり、相手には鋭く感じる。

まさにバドミントンに必要な動きなのではないでしょうか。

 

どこで受けられるの?

AGMメソッドは現在ラケットショップフジの本社ビル4階にて受講可能です!

1人~4人で申し込めます。

空き状況や申し込みはラケットショップフジのホームページから。

http://www.rsfuji.co.jp/agm/index.php

 

まとめ

AGMメソッドの超基礎の部分である

腹圧の部分を意識するだけでも球の質が変化してきます。

 

競技力向上はもちろん、体の負担を減らす動きというのは

シニアプレーヤーや健康志向のプレーヤーにも嬉しいことです。

AGMメソッド、これから要チェックです!

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • オーバーヘッドストロークで重要な足の入れ替え!場面に合わせて二種類覚えよう!

  • クリアーの打点を高くしたい!そんな人は4つのポイントをチェックしてみよう

  • 保護中: 半面ストロークセッション基本編

  • トアルソン『ION65』バドミントンストリング実打レビュー!

関連記事

  • 登山したらやっぱりバドミントンのことに気が付いた令和元年

  • 実践学園女子バドミントン部と合同練習レポート

  • 災害ボランティアを通じてバドミントンと人生について考えた話

  • 登山にいったらバドミントンのことをたくさん学んだ

  • オンラインサロン『バドミントンマニア』に入会してみた!

  • アメリカンベイプのバドミントンアリーナの魅力を語る