1. TOP
  2. バドミントンの戦術
  3. サーブレシーブ!相手サーブのタイミングを掴むためのポイント

サーブレシーブ!相手サーブのタイミングを掴むためのポイント

バドミントンの戦術
この記事は約 5 分で読めます。 1,057 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

相手のサーブに対して反応が一歩目が遅れてしまう。

タイミングが悪く、ついつい上げてしまう。

 

サーブレシーブでよく聞かれる課題です。

サーブレシーブでは上げてしまうと守りからスタートせざるを得ません。

いきなり守りの状態ではなく、ラリーを優位に展開するサーブレシーブをしたいものですよね。

今回はサーブレシーブでタイミングをとる方法をお伝えします。

 

 

遅れる原因

サーブレシーブで対応が遅れてしまう原因について考えます。

考えられる原因は技術的な要素とタイミングの要素です。

技術的な要素はラケットを前に出す動作が上手くできていないということが考えられます。

ラケットをスムーズに前にだすことができれば、フットワークの無駄を減らすことができます。

ショートサーブに対してタッチを早くするラケットの出し方を参考に体の使い方を身につけていくことがオススメです。

 

 

サーブのタイミングに合わせられていない

もう一つの要素が相手とのタイミング。

簡単に言うと

相手のサーブのタイミングに合わせることができていない。

ということが遅れる原因となります。

 

 

打たれてからではもう遅い

サーブレシーブで遅れてしまう

という方かたよく聞かれるのが

「相手が打つときに構えるようにしている」

というもの。

 

実はこれでは遅いのです。

「相手が打つとき」に注目していると相手のサーブにタイミングを合わせることができません。

また、サーブにタイミングが合わないという課題を持っている方の多くの場合、

ロングがくるかショートがくるかという

どこにサーブがくるかを考えているようです。

【参考記事】リズム感!バドミントンのリズムとは?

 

 

どこに打ってくるかよりもいつ打ってくるか

サーブレシーブの『タイミング』というくらいですから、どこに打ってくるかということよりも

いつ打ってくるかということに意識を向けていきましょう。

 

 

相手のサーブのルーティーンを見極めよう

では相手がいつサーブを打ってくるのか

そしてサーブのタイミングをいかにして掴むのか

それがサーブのルーティーンを見極めることにあります。

 

 

サーブのルーティーン

サーブを安定させるためにおこなう動作それがルーティーンです。

【参考記事】ダブルスのサーブを安定させる!ルーティーンの作り方

 

こちらの記事でも紹介しているようにサーブは多くの場合ルーティーン化されています。

例えば、

  1. 足、立ち位置を決める
  2. 手を決め、ラケットをセット
  3. 重心を決める
  4. 目線を決める
  5. スイートスポットを外して打つ

といったようにサーブを打つ時には流れがあります。

 

 

相手のサーブルーティーンを見極める

サーブのルーティーンは大きくわけて5つの動作からできています。

人によって、その順番が多少異なったりほぼ同時に行われていたりします。

対戦相手のルーティーンを見極めることで相手がサーブを打ってくるリズムを掴みやすくなります。

 

 

ルーティーンを見極めるためのチェックポイント

  1. 足、立ち位置を決める
  2. 手を決め、ラケットをセット
  3. 重心を決める
  4. 目線を決める
  5. スイートスポットを外して打つ

以上の5つ、特に4番までをどのような順番でどのようなタイミングでおこなうかを見極めることで

5番目のヒッティングのタイミングを掴むことができます。

 

 

ルーティーンの前に構えよう

相手のルーティーンを見極めるために重要なこと。

それが

相手のルーティーンが始まる前に構える

ということです。

【構えの記事】打つ前に準備しておくべき3つのポイント

 

第一に

相手のサーブルーティーンはどこから始まっているのかを見極めます。

相手のルーティーンを見極めるためには

自分自身は先に構えを作り

相手のルーティーンを見ることができるようにします。

 

相手のルーティーンが始まってから慌てて構えていないでしょうか?

この時点でサーブのタイミングを掴むのは一気に難易度が高まります。

 

大事なことなのでもう一度!

相手のサーブルーティーンが始まる前に構える。

これがサーブレシーブのタイミングを掴む一番のポイントです。

 

 

まとめ

それではサーブレシーブで相手のタイミングを掴むためのポイントをまとめます。

 

遅れる原因

  • サーブのタイミングに合わせられていない
  • サーブが打たれてから反応しようとしている

 

ポイントになるのは

どこに打ってくるかよりもいつ打ってくるか

 

いつ打ってくるかを見極める方法

  • 相手のサーブルーティーンを見極める
  • サーブルーティーン「5つのポイント」
    1. 足、立ち位置を決める
    2. 手を決め、ラケットをセット
    3. 重心を決める
    4. 目線を決める
    5. スイートスポットを外して打つ

 

相手のルーティーン前に構える

結論はいたってシンプルです。

相手のサーブルーティーンが始まる前に構え

相手のサーブルーティーンを見極めるようにしましょう。

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

  • バックサイドのフットワークは打点の高さでステップを使い分けよう

  • スキルアップ練習会!8月2日~ダブルスの動き基本編~

関連記事

  • ダブルスでセンターとサイドを使う戦術

  • ダブルスでセンターとサイドを使う戦術~実践編~

  • 『相手とのリズム』3つのパターン

  • ダブルスの戦術~相手後衛を奥に押し込む~

  • シングルスの戦術リピートショット

  • ダブルスの基本戦術は『押し込む&沈める』と二つのエリア