1. TOP
  2. 練習と思考
  3. ぐっちゃんねる。から学ぶバドミントン上達講座①『成長は曲線!?上達はブレイクスルー』

ぐっちゃんねる。から学ぶバドミントン上達講座①『成長は曲線!?上達はブレイクスルー』

 2020/04/28 練習と思考
この記事は約 5 分で読めます。 642 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

バドミントンYouTuberのぐっち。さん

インスタライブでお話ししたときのことでした。

 

「最初の頃の動画はほんとうに再生回数が伸びなくて全然だった」

 

ではどんなタイミングで伸びたのでしょうか?

「インターハイ選手と公式戦で対戦する機会があってガチで試合した動画が跳ねたんです。」

「それはもう急に再生回数が伸びて、いきなり万を越えました。

ぐっち。さんのYouTubeチャンネルはそこから多くのヒット作を生み出すことになったようです。

その動画がこちら。

 

 

実はこれはバドミントンの上達にも同じことが言えます。

成長というのは突然訪れ、急激に伸びるのです。

今回は上達するために知っておきたい成長の仕方を解説します。

【関連記事】バドミントン系Youtuber『ぐっち。さん』とのレッスン内容を解説します。

 

 

成長は直線ではなく『曲線』

ぐっち。さんのお話しでもあったように、成長や成果が出るというのは突如やってくるのです。

そして一気に伸びます。

これは、このバドチュー.NETでも実は同じ現象が起きているんです。

最初の頃は記事を書いてもほとんど閲覧されませんでしたが、ある時から閲覧数がグッと伸びてきました。

わかりやすく簡単な図にしてみると、

このようになります。

この図のことを成長曲線と呼んでいます。

【関連記事】大公開『生徒がバク伸びする3つの条件』を現役!塾社長が解説します。

 

 

成長曲線

成長曲線を見てみると、

しばらくはなかなかレベルが上がることなく時間が経過しているのがわかります。

そして!

図の右側に行くと、グラフが急上昇していますね!

この急上昇するポイントを『ブレイクスルー』と呼びます。

 

成長曲線を4つに分けてみてみましょう。

  1. 試行錯誤の時期
  2. 気づきの時期
  3. ブレイクスルー
  4. あれ?レベルが上がっている

 

 

試行錯誤の時期

最初に訪れるのが試行錯誤の時期です。

ここが一番しんどいんです。

とにかく失敗してしまう時期ともいえるからです。

 

失敗してはまた挑戦してということを繰り返しおこない

試行錯誤していきます。

【関連記事】ミスの原因と対策はこれ!2/3コントロールを練習しよう

 

 

気づきの時期

試行錯誤の時期を過ごしていると

なんとなく「気づいてきます」

こうやったら上手くいきそうだぞ。

という感覚が気づきの時期ですこしずつグラフが上向きになってきます。

【関連記事】登山にいったらバドミントンのことをたくさん学んだ

 

 

ブレイクスルー

一気に伸びる時期がやってきます。

「コツを掴んだ」状態といえます。

コツを掴むと

今まではできなかっとことがいとも簡単にできるようになったりする。

という経験はバドミントンに限らず皆さんもお持ちではないでしょうか

できるようになる時というのは本当に一瞬の出来事とも言えます。

【関連記事】順位を覆す選手~強くなるための志向の壁~

 

 

あれ?レベルが上がっている

ブレイクスルーが起きると今までできなかったことがいとも簡単にできるようになったりします。

スムーズに動けるようになったり、今までと違う景色が見えたり、他のことを考える余裕ができたりします。

そこで、ふと気が付くんですね。

「レベル上がってる!」

ということに。

 

 

まとめ

物事の成長はまっすぐではなく急に伸びる時期が来る

そして、急に伸びることをブレイクスルーという。

 

成長曲線の流れ

  1. 試行錯誤の期間
  2. 気づきの期間
  3. ブレイクスルー
  4. 気づいたら上達している

 

といった流れで上達していきます。

ブレイクスルーから伸びている時期というのは時間としては短いものです。

「試行錯誤しているのに、伸び悩んでいる」

と感じている場合は本来はいい傾向ということです。

当然、伸び悩んでいると感じている当事者は焦っていると思います。

成長が曲線を描くことを知っているだけで

この後にくるブレイクスルーにむけてがんばることができるかもしれません。

ブレイクスルーに向けた試行錯誤の時期が大切ですね。

【関連記事】登山したらやっぱりバドミントンのことに気が付いた令和元年

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

  • バックサイドのフットワークは打点の高さでステップを使い分けよう

  • スキルアップ練習会!8月2日~ダブルスの動き基本編~

関連記事

  • ぐっちゃんねる。から学ぶバドミントン上達講座②『ブレイクスルーの起こし方』

  • バックハンドが難しいと感じるのは、非日常の壁があるから。非日常の壁を突破する「習って慣れろ」のすすめ。

  • なぜ?3つの行動で『バク伸びする理由』

  • 順位を覆すためのアスリート志向への目標設定方法

  • 成長の波に乗る~プラトーを乗り越えろ~

  • 大公開『生徒がバク伸びする3つの条件』を現役!塾社長が解説します。