1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. ラケットコントロール
  4. 相手を揺さぶる!捻りを使ったラケットワーク

相手を揺さぶる!捻りを使ったラケットワーク

ラケットコントロール
この記事は約 6 分で読めます。 2,169 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

ドライブでもっと左右に揺さぶりたい。。

もっと鋭いリターンをしたい。

相手の逆をつくように打ちたい。

 

ダブルスでは多くの方がこんな願いをもっているのではないでしょうか。

強い球を打っているのに、相手の前衛につかまってしまう。

強い球を打とうと思ってエラー。

相手の逆をつこうとしてガチャ・・・。

 

これらの課題には,

ラケットワークとボディワークからアプローチ。

今回はドライブの左右への打ち分けにつながるラケットワークと、

これらのミスの原因と対処法を解説します。

【コントロールの考え方記事】ミスの原因と対策はこれ!2/3コントロールを練習しよう

 

ラケット振りすぎ問題

ラケットワークには3つの動きがあります。

  1. 並進運動
  2. 回転運動(タンブル)
  3. 回転運動(スピン)

 

ラケットワークは3つの動作で決まる!

 

この3つの動きの中での並進運動がポイントです。

 

並進運動を使いすぎではないか?

並進運動の特長は

  • シャトルを捉えやすい
  • シャトルの勢いを抑えやすい

 

ということです。

つまりシャトルに鋭さが足りない。

というときは並進運動を強調しすぎている可能性があります。

 

並進運動を強調したスイング

言い方を変えると大振りという状態です。

 

『鋭いシャトルを打ちたい』

→ラケットを

→→振らなくては

→→→ラケットを大振りしてしまう

というように大振りしてしまい結果的にシャトルを走らせることができていないと考えられます。

【鋭くする方法】鋭いドライブを打つ~4つのポイント~

 

 

ラケットを振りすぎているとは?

ラケットを振りすぎているというのは、

実は

腕を振りすぎている

ということです。

 

先ほどの並進運動の動画を見てみると、

ラケットと一緒に腕も大きく動いているのがわかります。

つまり、腕を大きく振りすぎてしまっているため

ラケットも大振りになってしまっているのです。

【コンパクトにするための記事】バックハンドスキル~てこの原理でシャトルを弾く~

 

 

ラケットのスピンを使おう!

腕を振って、ラケットを振ると大振りになり、

シャトルを鋭く打つことができません。

そこで、使いたい動きが

ラケットの回転運動(スピン)です!

 

 

ひねりを使ったドライブ

ラケットの回転運動(スピン)を意識したドライブを見てみましょう。

 

バックハンドドライブ

 

フォアハンドドライブ

 

 

スピンを使うコツは前腕のひねり

ドライブを打つ際にラケットのスピンを使う場合、

てこの原理を使ったハンドリング(バックハンドスキル~てこの原理でシャトルを弾く~)に、

腕の捻りを加えます。

前腕の捻りを出すためには、肘や肩も動かすようにすることがポイントになります。

 

実際には体幹部も動くことになるので、足の動きと合わせて、肩と肘をやわらかく

前腕の捻りを使えるように練習してみてください。

【足を使う関連記事】バックハンドでロブをより鋭く高く上げる体の使い方

 

 

捻りを使ったドライブのメリット

ひねりを使ったドライブはラケットワークがコンパクトになります。

大振りなスイングに比べると当然鋭い球を打つことができます。

その他にも

  1. コースを急激に変えることができる。
  2. ハーフに沈める球が打ちやすい
  3. 次の対応が早い

 

といったメリットもあります。

前腕のひねりを使ったドライブの技術をマスターすることで

鋭い球を打つことはもちろん、左右への打ち分け、沈める球のレベルアップ、ラリースピードの向上など多くの効果が見込めます。

ぜひ身につけていきましょう。

【ハーフのコントロール】ハーフショットがネットに引っかかる。エラーの原因と改善方法は打点!

 

 

まとめ

ひねりを使ったドライブについてまとめます。

 

シャトルが走らない原因

  • 大振りになっている
  • 腕の使いすぎによる並進運動の増大

 

シャトルを走らせるために

  • ラケットの回転運動(スピン)を使ってシャトルを加速させる

 

回転運動(スピン)を使って打つために

  • ハンドリングでは指を使う
  • 肘や肩を柔らかく使う
  • 足と体から使えるようにする

 

ひねりのドライブを使って

  • 左右への打ち分けで相手を左右に揺さぶる
  • タッチを早めてハーフへ沈める
  • コンパクトなスイングで速いラリー展開

 

ひねりを使った打法は、ドライブだけを見ても多くの利点があります。

また、ひねりを使った打法はドライブ以外にも様々な場面で応用できます。

ひねりを使ってシャトルを加速させる技術はぜひ身につけていきましょう。

【ひねりを使ったスキル】バックハンドでフォア側に来た球を打つ!メリットとデメリット

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

  • バックサイドのフットワークは打点の高さでステップを使い分けよう

  • スキルアップ練習会!8月2日~ダブルスの動き基本編~

関連記事

  • ハイクリアーでシャトルを上に飛ばす方法

  • バックハンドでフォア側に来た球を打つ!メリットとデメリット

  • レシーブの守備範囲を広げよう!フォアとバックのメリットを活かす

  • 基礎打ちで練習する!バックハンドドライブ

  • 簡単!ハイバックでストレートとクロスを打ち分ける方法

  • セルフチェック!ドライブで4つのレベルを知って練習の質を高めよう