1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. ヒッティングスキル
  4. ハーフショットがネットに引っかかる。エラーの原因と改善方法は打点!

ハーフショットがネットに引っかかる。エラーの原因と改善方法は打点!

ヒッティングスキル
この記事は約 6 分で読めます。 2,090 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

ハーフゾーンにショートドライブ!

ところが・・・。

ネットに引っかかってしまう。

 

相手の球が速いわけでもなく、こちらの体勢が悪いわけでもないのに・・・。

むしろシャトルに追いつけているのにネットに引っかかってしまう。

このエラーには原因があります。

その原因と対策を知ることで簡単に改善することができるのです。

今回はハーフへのショートドライブがネットに引っかかってしまうエラーの原因と改善方法を解説します。

 

ハーフ球はショートドライブ

ハーフに打つ球はショートドライブ!

【バドミントン用語解説】ドライブ

 

フォアハンド

 

バックハンド

 

このハーフへのショートドライブ、浮くと相手のチャンスになってしまうので、

ネットギリギリを狙いたいショットです。

そしてネットにかけやすいショットでもあります。

 

 

ハーフへのショートドライブがネットに引っかかる原因

ハーフへのショートドライブがネットに引っかかってしまう原因として考えられるのは3つ

  1. 当たりそこなっている
  2. 打球が弱い
  3. 打点が前すぎる

 

 

①当たりそこなっている

ラケット面の真ん中でシャトルを捉えることができていない場合です。

これは相手が打つタイミングがつかめていないことや、打点を捉えられていないことが原因と考えられます。

当たりそこなっている場合には相手のタイミングをつかむこと、目を使うことを練習しましょう。

【改善策】

バドミントンで打ち損じミスを減らす!目の使い方

 

 

②打球が弱い

しっかり当たっているけれどシャトルを捉える強さが足りていない場合です。

いわゆる当てるだけになってしまっていると考えられます。

ハーフへ打つストローク、

分類すると『ドライブ』となります。

ショートドライブ、つまり短い距離を加速させることがポイントになります。

当てるだけでなく、シャトルを加速させるように捉えるようにしましょう。

【改善策】

【バドミントン用語解説】ドライブ

鋭いドライブを打つ~4つのポイント~

 

 

③打点が前すぎる

打点が前すぎる場合もネットに引っかかってしまいます。

打点が前すぎるというのは、

身体に対して前すぎる

という意味です。

 

前で打つほうが、打点も高くなりますし、ネットから浮かないようにしやすい

ということは間違いありません。

しかし、

打点が身体より前に行きすぎてしまうとネットに引っかかりやすくなります。

前で打とう!

という意識がエラーにつながっているのです。

 

このエラーについて今回は解説していきます。

 

 

ラケットは立体的に動いている

ラケットは立体的に動いています。

【参考】ラケットワークは3つの動作で決まる!

 

特にラケットをシャフト軸で回転する動作はラケット面の向きが変化するため打点がずれるとコントロールが狂ってしまいます。

 

 

ネットにかかるエラーの場合

ラケット面がネット方向に向いている、面がかぶりすぎている

 

上に飛ばす場合

 

二つの写真を比べて見ると、打点はほんの少しの違いしかないですよね。

しかし、ラケットが立体的に動いていることからシャトルが飛ぶ方向は大きく変わってきます。

ラケットのスイングは立体的に動くということを理解することがエラーを改善するポイントになります。

 

打点を後ろに下げる

 

面が上を向いた状態

面が被っている状態

見比べてみると、面がかぶった状態の二枚目の方が、僅かながら打点が前にあります。

打点が前に行けば行くほどラケット面が被りやすくなるので、打点を後ろにする(シャトルを引きつける)ことでシャトルを上に飛ばすことできます。

シャトルには追い付けている、余裕があるのにエラーをしてしまう場合

  • 打点を後ろに下げる
  • シャトルを引き付けて打つ

【打点の違いはクリアーにも】ドリブンクリアーとハイクリアーの打点を比較

 

 

足の踏み込みを前にする

もう一つの打点が前に行ってしまうパターン

それが、足とラケットの位置関係です。

足に対してラケットが前に行きすぎている。

足の踏み込む位置が後ろすぎたり、シャトルに届いていない場合です。

 

ショートドライブをコントロールするためには

足と打点の位置関係を合わせることがポイントになります。

つまり、

対処法は

足を前に踏み出す

ということになります。

 

どうしても、足が届かずにショートドライブの打点を確保できない場合は、

ヘアピンやロブなど打つ球を変えるということも大切な判断です。

【フットワークが大切】フォア側のフットワークの足運びで指導に迷い~どちらの足をクロスするか~

 

 

まとめ

ハーフへのショートドライブがネットにかかってしまうエラーを3つに分類します。

  1. 当たりそこなっている
  2. 打球が弱い
  3. 打点が前すぎる

 

この3つの原因から③の打点が前すぎるというパターンには

  1. 追いついているけど、打点が前にずれている
  2. 足の踏み込みが合わないため、打点が前にずれている

というように分けられます。

 

それぞれの改善方法として

  1. シャトルを引き付けて打点を下げて打つ
  2. 足の踏み込みを前にすることで打点を合わせる

 

という二つ。

ネットに引っかかってしまうエラーは

どのような原因なのかを整理して

対処することでコントロールできるようになっていきます。

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • オーバーヘッドストロークで重要な足の入れ替え!場面に合わせて二種類覚えよう!

  • クリアーの打点を高くしたい!そんな人は4つのポイントをチェックしてみよう

  • 保護中: 半面ストロークセッション基本編

  • トアルソン『ION65』バドミントンストリング実打レビュー!

関連記事

  • ドリブンクリアーとハイクリアーの打点を比較

  • 時間を作る!高いロブを打つ4つのポイント

  • レシーブ強化!基底面を使ってレシーブの幅を広げよう

  • 緩急をつける!ロブの高さを打ち分けるポイント

  • クリアーの打ち方~飛ばすための3つのポイント~

  • ミスの原因はここにあった!?シャトルコンタクトを使いわけよう