1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. ラケットコントロール
  4. ネットプッシュ!基本の打ち方3種類をマスターしよう

ネットプッシュ!基本の打ち方3種類をマスターしよう

 2021/03/12 ラケットコントロール
この記事は約 6 分で読めます。 895 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

ネット付近に浮いてきた!

「これはチャンス」

すかさずプッシュ!

がしかし

ネットにザシュ・・・。

はたまた

バチーンとバックアウト。

 

ネット付近でのプッシュはチャンス!

その反面

エラーしやすい場面でもあります。

 

今回はネット際でのプッシュを

エラーしてしまう原因

そして

ネットプッシュ上達のためのラケットワークを解説していきます。

 

 

ミスの原因はネットスマッシュ

ネット際で

プッシュをミスしてしまう一番の原因

と考えられるのが

ラケットワークが『ネットスマッシュ』になってしまっている。

というものです。

ネットプッシュとネットスマッシュの違いはこちらの記事でチェック!

【関連記事】プッシュのミスを減らす方法!プッシュは3つの場面に分けて考えるべし

 

ネットから少し離れてラケットを振り切れる空間があれば

思い切りネットスマッシュを狙って大丈夫!

なのですが、

ネットプッシュを狙う場面というのは

ラケットを振り切るには窮屈だしタッチネットの心配もあります。

ネット際に浮いてきたシャトルを打ちこむために

プッシュのラケットワークを見ていきましょう。

 

 

ネットプッシュ!3つのラケットワーク

ネットプッシュのラケットワークは3つにわけられます。

  1. 止めて打つ
  2. 跳ね上げる
  3. ワイパースイング

 

この3種類です。

読んで字のごとくなラケットワークですが

ネット際でのプッシュは

シャトルとネットの距離

自分自身の体勢

によってラケットワークを使い分けていきましょう。

【関連記事】プッシュとドライブのリズムをマスターする練習方法

 

 

ラケットワーク解説

3つのラケットワークをそれぞれみていきましょう。

ラケット面を止めるように打つ

ラケットヘッドを止めるように打つ方法です。

シャトルとラケット面が当たるタイミングに合わせて

グリップを握りこみラケット面を止めるように打ちます。

ラケット面を作りやすいのが特長です。

プッシュのラケットワークの中では

コントロールを付けやすいラケットワークといえます。

 

 

角度をつけて下に打ち込むこともできますが

相手にぶつけたり、奥に押し込むような球を打つことに適しています。

ネットからシャトルが多少離れていても打つことができます。

 

【応用技術】相手を揺さぶる!捻りを使ったラケットワーク

こちらの記事のラケットワーク、ハンドリングと組み合わせることで

コースの打ち分けやタイミングの変化等のバリエーションをつけやすくなります。

 

 

跳ね上げる

シャトルを捉える際に

ラケット面を上に跳ね上げるように打つ方法です。

グリップを緩めてリズミカルにラケットを動かすのがポイントです。

実際の動きでは短い時間です。

シャトルとラケットが当たる時間が短くなるようなイメージがオススメです。

 

 

下方向に角度を付けて打つことに適しています。

ネット近くで浮いてきている球に有効で

ラリーを切ることができるプッシュです。

ぜひ覚えてもらいたいラケットワークの一つです。

【参考記事】バックハンドスキル~てこの原理でシャトルを弾く~

こちらの記事のハンドリングスキルを身につけることで

跳ね上げるラケットワークのプッシュは打ちやすくなります。

 

ワイパー

ラケット面を車のワイパーのようにスイングする方法です。

 

ネットギリギリの球でもシャトルを沈められます。

速いシャトルは打ちにくいですが

相手がヘアピンを打つことを読めているものの

ヘアピンの精度が高かった場合

少しタイミングがズレてしまった場合など

万全ではない状態でも対応しやすいのがワイパースイングです。

 

 

ダブルスでの細かなネット際の攻防ではより多彩なラケットワークが求められます。

ワイパースイングを身につけることで沈める球を磨きましょう。

 

 

まとめ

プッシュのエラーについてまとめます。

 

ネットプッシュのミスや上手くできない原因

  • ラケットを振ってしまっている
  • ネットスマッシュとネットプッシュの区別ができていない

 

ネットプッシュを改善するための方法

ネットプッシュに必要な3つのラケットワークをマスターする

 

3つのラケットワーク

止めて打つ
  • ラケットヘッドを止めるようにして打つ
  • 強いプッシュを打ちやすい
  • コントロールをつけやすい
  • 相手にぶつけたり押し込んだりする場合に効果的

 

跳ね上げて打つ
  • ラケットヘッドを跳ね上げるように打つ
  • 下向きのプッシュを打ちやすい
  • ラリーを切る球を打てる
  • ネットに近いところで打つ

 

ワイパースイングで打つ
  • ラケットを車のワイパーのようにして打つ
  • ネットギリギリの球でもしずめやすい
  • タイミングがズレた時にも対応可能

 

いかがでしょうか。

ネット際に来た球をプッシュするためには

いわゆる「ラケットをコンパクトに扱う」ことが求められます。

ラケットをコンパクトに扱うためにも今回紹介した3つのラケットワークを練習してみてください!

【関連記事】ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

 

YouTube版をチェック

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • ラリーする力を高めるには意識を変えよう!キャッチボールのすすめ

  • 初心者におすすめ!シャトルリフティングのやり方

  • ドライブ&ハーフのミスを減らそう!ラケット面を作る練習@トレリング編

  • アストロクス88S/D-PRO実打レビュー!進化したポイントはここだ!

関連記事

  • 簡単!ハイバックでストレートとクロスを打ち分ける方法

  • ダブルスレシーブの基本!バックハンドレシーブのメリット

  • セルフチェック!ドライブで4つのレベルを知って練習の質を高めよう

  • ぐっちゃんねる。に登場!ラケットワークを鍛えるトレリング活用方法を解説します!

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

  • ラケットを上げる!ってどういうこと?2つの意味と具体的な上げ方3パターン