1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. ラケットコントロール
  4. ラケットを上げる!ってどういうこと?2つの意味と具体的な上げ方3パターン

ラケットを上げる!ってどういうこと?2つの意味と具体的な上げ方3パターン

 2020/12/15 ラケットコントロール
この記事は約 6 分で読めます。 535 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

「ラケットを上げて」

バドミントンをやっているとよく言われる言葉です。

ラケットを上げて!と言われるということは

反対はラケットを下げて

ということですね。

 

ラケットが下がっていると

たしかに

早いラリーへの対応は難しくなります。

 

では

ラケットをどのくらい上げればよいのでしょうか?

そして

上げ方はどのようにすればいいのでしょう?

今回は、今さら聞けない、聞きにくい

ラケットを上げるとはどういうことかということを解説していきます。

【関連記事】反応が遅れる人必見!打つ前に準備しておくべき3つのポイント

 

 

ラケットを上げるとは

バドミントンでのラケットを上げる

という言葉には

二つの意味があると考えています。

  1. ラケットヘッドを上げる
  2. ラケットを高い位置に上げる

 

「ラケットを上げて」

という言葉には二つの意味で解釈することができます。

つまり

どちらの意味で言われているのかが大切になりますね!

【関連記事】ぐっちゃんねる。に登場!ラケットワークを鍛えるトレリング活用方法を解説します!

 

 

ラケットヘッドを上げる

ラケットヘッドを

グリップの高さあたりまで上げておきます。

ラケットは床と平行に近い状態になります。

ラケットヘッドが下がってしまっている場合

「ラケットを上げて」というのはラケットヘッドを上げるという意味ですね。

似たような場面で「リストスタンドする」と表現する場合もあります。

 

ラケットヘッドが下がっている

この写真ではラケットヘッドが下がっています。

相手が打ってきたシャトルが低いところに来た場合にはリターンすることができますが、

肩口を狙われたりすると遅れやすくなってしまいますので注意しましょう。

【関連記事】相手を揺さぶる!捻りを使ったラケットワーク

 

 

高い位置でかまえる

もう一つは

高い位置で構えるということです。

ここで気になることは

どのくらい高くすればいいの?

ということです。

 

それは

相手がどのような打点から打ってくるのか

によって決まります。

相手との関係性で大きく3つにわけて考えます。

【関連記事】『相手とのリズム』3つのパターン

 

 

3種類の高さに分ける

  1. 高く上げる⇔相手は低いところから打ってくる
  2. ネットの高さくらいに上げる⇔相手もネットの高さくらいから打ってくる
  3. 低いところ(ラケットヘッドは上げておく)⇔相手は上から打ってくる

 

 

高く上げるとき

相手が低いところから打ってくる場合

相手の球が速い場合は上向きのシャトルが飛んできます。

上向きに飛んでくるシャトルに合わせてラケットを準備します。

相手(浦野くん左)の打点は低いため上向きのシャトルを待つ

プッシュやハーフ、ロブ等で相手の打点が下に下がったときには

上向きのシャトルに合わせてラケットを準備します。

【関連記事】ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

 

 

ネットと同じくらいの高さに上げるとき

相手がネットの高さくらいから打ってくる場合です。

相手はドライブのような速い球で仕掛けてくる可能性があります。

ラケットをネットくらいの高さに上げて準備しましょう。

【関連記事】プッシュとドライブのリズムをマスターする練習方法

 

 

低いところ(ラケットヘッドを上げる)

相手が上から打ってくる場合です。

一番速い球種であるスマッシュを警戒する必要があります。

ラケットヘッドの高さはグリップの高さと同じくらいをキープしつつ

自身の腰~膝くらいの高さで準備します。

相手が上から打ってくるときに

「ラケットヘッドが下がっているから、ラケット(ヘッド)を上げましょう!」

という意味を

ラケットを高いところに準備する

と間違えて認識してしまうと相手のスマッシュをリターンするのが難しくなってしまいます。

この状態で相手のスマッシュを返すのは難しい・・・。

【関連記事】ダブルスレシーブの基本!バックハンドレシーブのメリット

 

 

まとめ

ラケットを上げることについてまとめていきます。

 

ラケットを上げて!の二つの意味

  1. ラケットヘッドを上げる
  2. ラケットを高い位置に上げる

 

ラケットヘッドを上げる

ラケットヘッドをグリップの高さあたりまで上げておきます。

特に相手のスマッシュやプッシュ等をリターンする時にラケットヘッドが下がりがちになりやすいので気をつけましょう。

 

高い位置でかまえる

どの高さで準備するかは

『相手との関係性で3つにわける』

  1. 高く上げる⇔相手は低いところから打ってくる
  2. ネットの高さくらいに上げる⇔相手もネットの高さくらいから打ってくる
  3. 低いところ(ラケットヘッドは上げておく)⇔相手は上から打ってくる

 

相手より高く上げる⇔相手は低いところから打ってくる

下から打ってくる速いリターンに対して上から攻撃できるように準備します。

 

相手と同じ高さくらいに上げる⇔相手もネットの高さくらいから打ってくる

ドライブ等の速い仕掛けに対応できるように準備します。

 

相手より低いところ(ラケットヘッドは上げておく)⇔相手は上から打ってくる

スマッシュやプッシュ等の強打に準備します。

 

いかがでしょうか。

『ラケットを上げる。』という言葉を整理するとどのようにすればよいのか見えきます。

 

ただなんとなくラケットを上げるのではなく

相手がどんな狙いどこに打ってきそうなのかということに合わせて

ラケットの高さを考えていきましょう!

【関連記事】バドミントンのコントロールを決める3要素

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • 保護中: オーバーヘッドストロークの基本を身につける!シャトル投げ5種目

  • ストレートスマッシュって?3種類のストレートを理解しよう

  • ラケットを上げる!ってどういうこと?2つの意味と具体的な上げ方3パターン

  • オーバーヘッドストロークで重要な足の入れ替え!場面に合わせて二種類覚えよう!

関連記事

  • 簡単!ハイバックでストレートとクロスを打ち分ける方法

  • セルフチェック!ドライブで4つのレベルを知って練習の質を高めよう

  • オーバーヘッドストロークで緩急をつける練習方法とそのポイントを解説

  • バックハンドでフォア側に来た球を打つ!メリットとデメリット

  • ダブルスで一歩上をいく!フォアハンドレシーブ

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説