1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. シャトルコントロール
  4. ダブルスレシーブ!クロスリターンのコツ

ダブルスレシーブ!クロスリターンのコツ

 2019/09/12 シャトルコントロール
この記事は約 5 分で読めます。 1,799 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

ダブルスで前衛につかまったときにクロスにかわせれば。。。

相手が攻め込んできたときにクロスに切り返せれば。

とは思うものの、クロスへの角度が甘く、前衛に捕まってしまう。

そのような悩みは多いものです。

ダブルスはシングルスに比べてコートの横幅が広いぶん、クロス球を上手に使えることでプレーの幅が広がります。

今回はダブルスレシーブでのクロスリターンのコツを解説していきます。

【レシーブに大切なリズム】バドミントンのリズムとは?

 

 

クロスリターンのポイント4つ

ポイントは4つ

  1. シャトルの横を捉えるコンタクト
  2. グリップを後ろに下げるラケットワーク
  3. 懐をつぶすボディワーク
  4. コントロールの順番を整理

 

クロスリターンでお伝えしたいポイントは4つです。

まずは動画でクロスリターンを確認して、その後一つずつ解説していきます。

 

 

動画でチェック!

バックハンド

※動画ではシングルスの動きですが、ダブルスの場合は移動距離が小さくなります。

 

フォアハンド

 

 

①シャトルの横を捉えるコンタクト

クロスにシャトルを飛ばすために外せないポイントがこのコンタクト。

シャトルの横、コルクと羽根が当たるようなコンタクトを狙います。

サイドからクロスを狙う場合にはシャトルの外側を触るようにします。

【クロスの基本】シャトルコンタクトを使いわけよう

 

 

②グリップを後ろに下げるラケットワーク

クロスレシーブでシャトルの横、コルクと羽根をコンタクトするためには、ラケットワークもポイントになります。

クロスリターンする場合は、グリップがラケット面よりも後方にあることが必要です。

 

フォアハンド

 

バックハンド

 

ポイントは、ラケットのグリップを後ろに下げることです。

ラケットヘッドを後ろに下げてしまうとラケット面が外に向いてしまうため、クロスに球が飛ばないどころか、サイドアウトしてしまいます。

クロスに打つために、グリップを後ろに下げるようにします。

【クロスを狙いやすいフォアハンド】フォアハンドレシーブ

 

 

③懐をつぶすボディワーク

グリップを下げるためのポイントが懐をつぶすことです。

 

レシーブなどスピードが速い球をクロスへリターンする場合には懐をつぶし、グリップを後ろへ下げることでクロスリターンをすることができます。

ストレートリターンとクロスリターンでは懐の空き具合が大きくことなります。

狙うコースによって懐をコントロールしていきます。

 

基底面の使い方と組み合わせていくことでさらに幅広いレシーブが可能になります。

【懐を活かす基底面】レシーブ強化!基底面を使ってレシーブの幅を広げよう

 

 

④コントロールの順番を整理

バドミトンのコントロールは

  1. 高さ
  2. スピード
  3. 左右

の3つです。

【コントロールの基本】2/3コントロールを練習しよう

 

クロスレシーブは、左右への打ち分けになります。

まずは、左右へのコントロールを重視します。

 

クロスへシャトルが飛んでいるけどネットに引っかかる、浮く、サイドアウトしてしまう。

といったようなエラーが出る場合、

高さのコントロールを確認してみましょう。

高さのコントロールも問題なさそうであれば、スピードをコントロールできるようにしていきましょう。

 

まとめ

クロスレシーブについてまとめます。

ポイントは4つ

  1. シャトルの横を捉えるコンタクト
  2. グリップを後ろに下げるラケットワーク
  3. 懐をつぶすボディワーク
  4. コントロールの順番を整理

 

 

シャトルの横、コルクと羽根をコンタクトすることができればクロスへ飛ばすことができます。

スピードある球に対してシャトルの横を捉えるために

グリップを後ろに下げる、懐をつぶす動きを身につけましょう。

コントロールの確認は左右、高さ、スピードの順番でおこなうことでコントロールが高まると考えます。

 

最初はクロスへ打つフォームは窮屈に感じるかもしれません。

バックハンドが難しいと感じるのは、非日常の壁があるから。非日常の壁を突破する「習って慣れろ」のすすめ。)と同じく不慣れな動きというのは慣れるのに時間がかかります。

繰り返し練習することでクロスリターンのラケットワークやボディワークを身につけていきましょう。

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

  • バックサイドのフットワークは打点の高さでステップを使い分けよう

  • スキルアップ練習会!8月2日~ダブルスの動き基本編~

関連記事

  • 【バドミントン用語解説】ドロップ

  • 相手を揺さぶるロブの打ち方~ドロップへのリピートショット~

  • オープンスペースを狙ったクロスリターン4パターン

  • 【バドミントン用語解説】ドライブ

  • コントロールが勝負!オーバーヘッドからミッドコートを狙う

  • バドミントンのコントロールを決める3要素