1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. シャトルコントロール
  4. 相手を揺さぶるロブの打ち方~ドロップへのリピートショット~

相手を揺さぶるロブの打ち方~ドロップへのリピートショット~

シャトルコントロール
この記事は約 5 分で読めます。 2,382 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

シングルスの戦術リピートショットをお読みいただいた方から

「さっそく試してみます。」

「この戦術は使えそう」

といった嬉しい反響をいただいています。

 

リピートショットは相手を往復させるショットなのですが、重要なポイントはコントロールです。

相手の近くを通過するショットとなるため、コースが内側によってしまったり、高さが不十分だと相手にカウンターのチャンスとなってしまいます。

今回はロブでのリピートショットの技術練習を紹介します。

 

 

リピートショットとは

リピート=繰り返し

繰り返し同じエリアに打つショットのことです。

オープンスペースは相手の打ったところから遠い場所を狙うという戦術でした。

リピートショットはこの逆、相手が打ってきた場所に繰り返し打ちます。

 

【リピートショットについて詳しく書いた関連記事】:シングルスの戦術リピートショット

 

 

ドロップをリピートショット

ストレート

相手のストレートへのドロップショットに対してロブを使って揺さぶっていきます。

ストレートドロップに対して相手を大きく動かすにはクロスの前を狙うのがオープンスペースですが、

もう一度同じエリアに打つことで相手を後ろへ押し込みます。

 

左右のコントロールがカギ

ストレートのリピートショットは左右のコントロールが生命線です。

サイドライン際に打ちたいところです。

これが内側に寄ってしまうと相手にカウンターのチャンスとなってしまいます。

 

打点を遅らせる

ロブでリピートショットを打つ場合、できるだけ相手がコートの真ん中に戻ってから打ったほうが効果的です。

つまり、相手に真ん中に戻る時間を与える必要があるということです。

ロブでリピートショットを打つ場合、シャトルを打つまでにタメを作り打点を遅らせることで相手にコート真ん中に戻る時間を与えられると良いですね。

 

動画でチェック

実際にリピートショットを打つ練習ノックを動画で見てみます。

  1. 相手のストレートドロップをイメージして手投げノックで行います。
  2. リピートショットとオープンスペースを狙う練習をセットにして行います。

 

 

フォア側

 

バック側

 

【ロブの精度を上げるための関連記事】:基礎打ちで練習!バックハンドロブ3つのポイントを解説

 

 

クロス

相手のクロスへのドロップショットに対してクロスロブを使って揺さぶっていきます。

クロスロブを使って、もう一度同じエリアに打つことで相手を後ろへ押し込みます。

 

高さのコントロールがカギ

クロスロブのリピートショットは高さのコントロールが生命線です。

相手のラケットの高さを超えるように打ちます。

低くなってしまうと相手にカウンターのチャンスとなってしまいます。

 

打点を遅らせる

ロブでリピートショットを打つ場合、ストレートと同様にできるだけ相手がコートの真ん中に戻ってから打ったほうが効果的です。

クロスロブを打つ際にも相手に真ん中に戻る時間を与えるようにします。

 

【ロブの高さを出すための関連記事】:バックハンドでロブをより鋭く高く上げる体の使い方

 

 

動画でチェック

実際にリピートショットを打つ練習ノックを動画で見てみます。

  1. 相手のクロスドロップをイメージして手投げノックで行います。
  2. リピートショットとオープンスペースを狙う練習をセットにして行います。

 

フォア側

 

バック側

 

 

まとめ

リピートショットは相手を翻弄するにはとても役立つ戦術です。

しかし、相手の近くに打つショットでもあります。

高さが不十分だったり、コースが内側に入ってしまうとカウンターを食らってしまうリスクもあります。

リピートショットを効果的に使ってラリーを組み立てるためにも、コントロールを高めていきましょう。

 

 

「バドミントンは人生そのもの」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • オーバーヘッドストロークで重要な足の入れ替え!場面に合わせて二種類覚えよう!

  • クリアーの打点を高くしたい!そんな人は4つのポイントをチェックしてみよう

  • 保護中: 半面ストロークセッション基本編

  • トアルソン『ION65』バドミントンストリング実打レビュー!

関連記事

  • ミスの原因と対策はこれ!2/3コントロールを練習しよう

  • ダブルスレシーブ!クロスリターンのコツ

  • 基礎打ちで練習するドロップ!ラウンド(バック奥)のパターン4つを解説

  • 【バドミントン用語解説】ドライブ

  • 基礎打ちで練習する!バックハンドドライブ

  • コントロールが勝負!オーバーヘッドからミッドコートを狙う