1. TOP
  2. バドミントンの技術
  3. ボディコントロール
  4. バドミントン上達法!まずはリズムを覚えよう

バドミントン上達法!まずはリズムを覚えよう

 2018/06/06 ボディコントロール
この記事は約 5 分で読めます。 6,244 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

バドミントンには技術・戦術・体力・メンタル・・・

様々な要素が必要です。

 

バドミントンではシャトルを操るために、ラケットワークやボディーワークを磨きます。

しかしそれらのことは相手より長いラリーを続けるために必要なことの一部です。

ではバドミントンが上達するために必要不可欠な要素とは

それはリズムです。

 

 

上達するためにはリズムを意識する

上手にシャトルを打つためにはリズムをつかむことが大切です。

初心者と上級者の打ち方を見比べてみるとその差がよくわかります。

 

初心者はシャトルを打つ際にラケットを振ることに必死です。

一方で上級者は

「なんでそんなに軽く飛ばせるの?」

と思わせるように軽やかに打っています。

 

この初心者と上級者の一番の差がリズムなのです。

リズムを覚えることで上級者のように「軽やかに飛ばす」ことができるようになってきます。

シャトルはとても軽いですし、ラケットも100gもなく軽いものです。

軽いものを扱うわけです。

まさに「軽やかなリズム」が大切になるんですね。

 

 

基本のリズムは『①・②(ワン、エン、ツー)』

ではどのようなリズムで打てば良いのでしょうか。

それはズバリ!

① ・ ②(ワン、エン、ツー)のリズムです。

 

①で構え

・エン(裏拍)は予備動作や脱力の部分です

②でインパクト

というように考えていただければOKです。

 

①の構えから裏拍の時にシャトルを目で捉えるなどの細かなコツもありますが、

まずは『①構え、・エン(裏拍)、②インパクト』のリズムを掴むことができればよいでしょう。

バドミントンにはスマッシュ、ヘアピン、ドロップ、クリアー等々、様々なストロークがあります。

 

しかし基本的にはすべてこの

『①、・エン、②』

のリズムで打てるようになることが大切です。

正確には「これらのストロークを打てるようになるためには①、・エン、②のリズムをつかむ」ことが大切といえるでしょう。

【リズムが関係するスキル記事】:バックハンドでシャトルを弾き飛ばす~ハンドリングスキルはてこの原理~

 

 

プレーのスピードが上がれば『・エン、②インパクト』になる

レシーブの連続や前衛での連続攻撃、飛びついてスマッシュを打つような場合はリズムで①の構えをとばして

・裏拍

②インパクト

の連続となります。

 

つまり

「・エン、②インパクト、・エン、②インパクト・・・」

といったリズムです。

 

構える余裕がない中でも裏拍(・エン)をとることで②のインパクトのタイミングをとることができます。

特に連続的な動きになってきたときに

「裏拍(・エン)でグリップを持つ手を緩める」ことができると

②のインパクトがスムーズになります。

ハンドリングの内容とリズムを合わせると

・エン・・・グリップを緩める

②インパクト・・・グリップを握りこむ

先ほどのリズムに合わせてみると

「緩める、握る、緩める、握る」

簡単ですよね。

文字にして裏拍とか書いているので難しく感じますが、1球打つ時には2カウントとることできるとスピードのあるプレーにも対応できるようになってきます。

【関連技術】:バックハンドでシャトルを弾き飛ばす~ハンドリングスキルはてこの原理~

 

 

なぜリズムを意識するのか

第1にリズムが悪いとシャトルを上手に捉えることができません。

上手にシャトルを捉えることができないため、ラケットワークやボディーワークに無駄な動きが増えてしまい上達が遅れてしまいます。

第2に正しいと思われるフォームで素振りができていたとしても、リズムが合わなければシャトルを上手に捉えることはできません。

特に、構えと裏拍とインパクトが曖昧になっている場合があります。

・エン(裏拍)がうまく取れないと大振りになりリズムよく打つことができません。

構えること、裏拍、インパクトとはわけて考えます。

 

 

まとめ

バドミントンで上達を早めるために『①・②(ワン、エン、ツー)』というリズムで打てるように練習をしてみてください。

止まった状態(フットワークをしなくてよい状態)で①・②のリズムで打てるようになったら、フットワークのリズムに合わせて打つ練習行っていくとよいでしょう。

【合わせて読みたい】:フットワークの基礎!フォア側3歩とバック側2歩

【さらに読みたい】:スピードを高めるフォア側のフットワーク

 

 

『バドミントンは人生そのもの』

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • オーバーヘッドストロークで重要な足の入れ替え!場面に合わせて二種類覚えよう!

  • クリアーの打点を高くしたい!そんな人は4つのポイントをチェックしてみよう

  • 保護中: 半面ストロークセッション基本編

  • トアルソン『ION65』バドミントンストリング実打レビュー!

関連記事

  • スマッシュ力を高める~腰の回し方~

  • オーバーヘッドストロークで重要な足の入れ替え!場面に合わせて二種類覚えよう!

  • フォア奥『3つのフットワーク』使い分け方法とメリット・デメリット

  • バック前「3つのフットワーク」

  • バドミントンで打ち損じミスを減らす!目の使い方

  • フットワークの基礎!4つのステップをマスターしよう