1. TOP
  2. バドミントンの戦術
  3. ダブルスでセンターとサイドを使う戦術

ダブルスでセンターとサイドを使う戦術

 2019/02/16 バドミントンの戦術
この記事は約 6 分で読めます。 2,027 Views

こんにちは。

バドミントンコーチの齋藤(@usagi02_soushi)です。

 

ダブルスとシングルスで違うものはなんでしょうか?

一つは人数、そしてもう一つがコートの広さです。

ダブルスはサイドラインがシングルスと異なります。

シングルスに比べてコートが横に広いことが特徴です。

【まずは読んでおきたいダブルス戦術】ダブルスの戦術~相手後衛を奥に押し込む~

 

二人いるため、オープンスペースは狭いのですが、シングルスと違ってサイドラインが横に広い。

この特徴を踏まえて、コートの横幅を意識したダブルスの戦術を解説していきます。

【オープンスペース関連】シングルスの戦術~オープンスペースを狙う~

 

 

センターコートとサイドコート

まずはコートの分割について整理していきます。

サイドの分割

サイドの分割は、センターとサイドにわけることができます。

右利きと左利きで異なりますが、それぞれにフォアサイドとバックサイドとなります。

 

前後の分割

前後の分割も3分割です。

前(フロント)、中(ミッド)、後ろ(リア)という3つにわけられます。

【エリアを意識した戦術】ダブルスの基本戦術は『押し込む&沈める』と二つのエリア

 

 

センター・サイドを意識したダブルス戦術

ダブルスに限らず、バドミントンでは相手を後ろに押し込む、ネットから沈めて下から打たせるということが戦術の基本となります。

この基本にのっとって、相手を後ろに押し込む戦術に,

センターコートとサイドコートを意識した戦術パターンを解説します。

 

 

センター・サイド

センターコートから相手のサイドコートへ展開します。

相手コートのサイドライン際に「鋭いプッシュ」を打つことで相手のリターンをストレートに限定させます。

ストレートに限定させ、サイドを狙います。

相手のリターンを限定させるために

  1. サイドライン際に
  2. 速いスピードで
  3. 沈めた球を打つ

 

ということがポイントになります。

【鋭い球を打つ記事】バックハンドスキル~てこの原理でシャトルを弾く~

 

 

サイド・センター

サイドライン際からの展開のパターンです。

サイドライン際から相手のセンターコートに強打します。

相手がサイドbyサイドの時には、コートのセンターと二人の間のバランスを見て打ちます。

この時、強い球を打つには、

  1. サイドアームストローク
  2. 回内と回外の動き

を使うことがポイントとなります。

【サイドアームの打点を確認】ドロップのミスを減らしたい!3つの打点を意識しよう。

 

 

サイドチェンジ

サイドに来た球を反対側のサイドに打ち込みます。

つまり、クロスショットです。

サイドから反対側のサイドに打つことで相手のリターンをストレートに限定します。

限定したショットを狙っていきます。

 

クロスショットを打った後、前へ詰めていきますが、前への詰め方を二種類覚えましょう。

  1. クロスに打って自分が前に出ていく
  2. クロスに打ってペアが前に出ていく

 

①クロスに打って自分が前に出ていく

 

②クロスに打ってペアが前に出ていく

 

 

この二つのローテーションパターンを身につけていきましょう。

【クロスを打つヒント】鋭いドライブを打つ~4つのポイント~

 

 

まとめ

ダブルスではセンターとサイドを使い分ける戦術が有効となります。

 センター・サイドを意識したダブルス戦術

 

それは、シングルスよりもコートの横幅が広いこと、そして二人いるため二人の間や二人が重なる場所を使うことで、相手のリターンを限定させることができるからです。

相手のリターンを限定させるためには

強い球を沈めて打つことがポイントです。

 

センターとサイドの戦術

1 センター・サイド

センター、サイドのパターン

  • センターから相手のサイドを狙う
  • ストレートへ限定させる
  • サイドを張る

 

2 サイド・センター

サイド・センターのパターン

  • サイドからセンターを狙う
  • 相手のリターンをセンターへ限定させる
  • センターへ詰める

 

3 サイドチェンジ

サイトから相手の逆サイドへクロスを狙う

相手のリターンをストレートに限定

①自分がクロスへ詰める

サイドチェンジ①

②ペアにストレートを張ってもらう

サイドチェンジ②

 

 

図解

 

これらはパターンの一例です。

ラリーに勝てるパターンを知ることで、狙いのある積極的なラリー展開をつくることができます。

パターンを作るためにも一つ一つのスキルをしっかりと磨いていきましょう!

 

【実践編】ダブルスでセンターとサイドを使う戦術~実践編~

 

 

「バドミントンは人生そのもの。」

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

  • ダブルスの前衛を強化!!プッシュを強化する練習とそのポイントを解説

  • バックサイドのフットワークは打点の高さでステップを使い分けよう

  • スキルアップ練習会!8月2日~ダブルスの動き基本編~

関連記事

  • 『相手とのリズム』3つのパターン

  • シングルスの戦術リピートショット

  • サーブレシーブの狙いを2つに整理しよう

  • サーブレシーブ!相手サーブのタイミングを掴むためのポイント

  • ダブルスの戦術~相手後衛を奥に押し込む~

  • ダブルスでセンターとサイドを使う戦術~実践編~