1. TOP
  2. まとめ記事
  3. フットワークまとめ

フットワークまとめ

 2020/10/15 まとめ記事
この記事は約 3 分で読めます。 187 Views

バドミントンのフットワークについてガッツリ学ぶ

フットワーク専用ページとなっています。

基礎となるステップからフットワークの方法と実践練習まで紹介していきます。

 

フットワーク準備編

ここではフットワークの基礎となるステップを紹介していきます。

ステップを覚えよう

フットワークの基礎!4つのステップをマスターしよう

4つの基本ステップレベルアップ編~大小のステップ使い分け~

ステップ実践編~4つのステップを組み合わせてゲームの動きを高める~

フットワーク~後方移動の基本、スキップターン~

四股ふみで股関節強化~ポイントと効果~

 

ランジを覚えよう

ランジってなに?バドミントンで超重要な動作です。

ランジで気を付けるポイント

ランジトレーニング~バドミントン実践編~

 

フットワークの足運び編

フットワークがバタつく!?バドミントンのフットワークはリズムで覚えよう

フットワークの歩数~フォア側3歩とバック側2歩~

スピードを高めるフォア側のフットワーク

フットワーク~後方移動の基本、スキップターン~

 

フォア前

フォア前のフットワーク!覚えておきたい3種類を解説します

バック前

バック前「3つのフットワーク」

フォアサイド

バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

バックサイド

バックサイドのフットワークは打点の高さでステップを使い分けよう

フォア奥

フォア奥『3つのフットワーク』使い分け方法とメリット・デメリット

ラウンド(バック奥)

ラウンド側「4つのフットワーク」のメリット・デメリット

 

動きのポイント編

基底面

【バドミントン用語解説】支持基底面

フットワークのスピードを高める!基底面の方向と使い分け方

動き出し

シンアングルを意識して動き出しを高めよう

スピードUP

フットワークのスピードUP方法。キレとノビを使いわける!

ブレーキ

ランジトレーニング~バドミントン実践編~

 

実践練習編

足運びを覚える

 

基底面と連続した動きを鍛える

パターンフットワーク

 

総合的にフットワークを鍛える

指示出しフットワーク

 

\ SNSでシェアしよう! /

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バドチュー.NET~バドミントンの悩みを小さくするサイト~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

齋藤 聡史

齋藤 聡史

日本スポーツ協会公認コーチ(バドミントン)
元日本バドミントン専門店会認定『First Class Stringer(ファーストクラスストリンガー)』
バドチュー.NET運営

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):179cm / 68kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→バドミントンコーチ

バドチュー.NETを運営するバドミントンコーチ。

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを開始。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習というテーマに興味を持つ。
現在は小中学生から大人までバドミントン指導を展開。
専門店勤務の経験からバドミントンの上達には用具選びやメンテナンスが必要と考え、アドバイスやストリンギング活動もおこなっている。

さらに詳しいプロフィールは
http://badchu.net/uneisyajouhou

この人が書いた記事  記事一覧

  • フットワークまとめ

  • フットワークがバタつく!?バドミントンのフットワークはリズムで覚えよう

  • ぐっちゃんねる。に登場!ラケットワークを鍛えるトレリング活用方法を解説します!

  • バドミントンは3D!フォアサイドのフットワークを高さ別に3つ紹介

関連記事

  • オープンスペースを狙ったストレートリターンの4パターン

  • 時間を作る!高いロブを打つ4つのポイント

  • 2月3日(日)バドチューレッスン「ダブルスの戦術」を開催します

  • スウェイバックを紐解く

  • ぐっちゃんねる。から学ぶバドミントン上達講座②『ブレイクスルーの起こし方』

  • 反応が遅れる人必見!打つ前に準備しておくべき3つのポイント